HOME

特注ライトのコーナー

ショップブログ

お問い合わせ
カートを確認する

特定商取引法

八木澤技術士事務所



しおかぜ技研案内 共通バナー










Entry: <<  main  >>

LED照明の色温度
Category しおかぜ技研ブログ 2010.01.15 Friday 11:37 Posted by 

各種のLED照明が実用化段階を迎えています。
 LED照明器具の仕様書を見ますと、「色温度」の項目があります。冷色系の発光色は色温度が高く、暖色系の発光色は色温度が低くなります。
 例えば、色温度 6000Kとか7000Kというとかなり冷たい感じの白色ですし、色温度 2500K位ですと、いわゆる電球色で温かみのある落ち着いた色合いです。(ここでKは絶対温度の単位で 通常の℃に273をプラスした値になります)
 LEDの白色化は蛍光体により光の波長を変え色味が変わりますから、LED素子自体は同じでも、蛍光体を変えて、色温度をコントロールすることが可能になります。
 LEDライトを製造する際にも適切な色温度のLEDを選択できます。
落ち着いた雰囲気のLED照明がほしい場合、色温度の低いものを選べば良いでしょう。
 今年のように寒波が襲来し、寒い日が続く時は、色温度の低いライトで少しは気持ちが暖まるのでは・・・・。


 


| | 11:37 | comments(0) | - |



|Comment













▲このページの先頭へ