HOME

特注ライトのコーナー

ショップブログ

お問い合わせ
カートを確認する

特定商取引法

八木澤技術士事務所



しおかぜ技研案内 共通バナー










Entry: <<  main  >>

LEDのバラツキ?
Category しおかぜ技研ブログ 2009.06.07 Sunday 08:07 Posted by 

 LEDライトの説明書に「LEDにはバラツキがあり・・・」といった記載をしばしば見ます。
 何のバラツキ?かというと、光の色、明るさ、電気的な性質が主です。サイズや形状のバラツキは精度の良い機械で加工しているため、とても小さく問題ないと言って良いでしょう。
 光の色のバラツキの場合。
 例えば、青色LEDの場合、中には緑がかったものがあります。そこでLEDメーカーにクレームをつけたとしても、「製品規格内にあり、不良ではありません」といった回答が返ってくるケースが多くあります。人の目は敏感で、光の波長が少し違うと色が大きく違って見えます。
 LEDメーカーではもちろん、同じ波長になるような努力をして製造していますが、コントロールが難しくバラツいてしまいます。光の波長は、光を発する結晶の組成で変わりますから、組成をいつも同じように作れれば良いわけですが、これが非常に難しい。結晶の組成は製造の条件・・・材料の品質、量、温度、雰囲気といったものに左右されます。
 だんだん複雑になってきましたが、要するに現状ではバラツくことを前提として、できたものを調べて(検査して)、ランクを設けて細かく選別しかないといった所かと思います。
 
 


| | 08:07 | comments(0) | - |



|Comment













▲このページの先頭へ